Office3種・デザイン・Webの実践力を習得!即戦力としての就職を継続支援

電話:047-411-5880

受付時間: 平日 9:00 - 18:00

6ヶ月の理由

当校では、

  • 事務やオフィスワークに必須のスキルを「実務を遂行できる」状態まで身につけること
  • 需要の高いスキルを追加し、一人で何役もこなせる人材となること
  • 技術面だけではなく、「自分自身」を伝えるための就職活動準備を進めること

に重点を置き、その実現のために6ヶ月という訓練期間を設けています。

これらの点を重視している理由、そして訓練設定の背景には、事務系職種における 就職活動市場の現状が関係しています。

訓練で就職を想定している事務系職種やオフィスワークは、どの企業にも発生する業務です。また、年齢や経歴・資格有無を問わず対応することができるため、目指す方が多い職種でもあります。

実際、千葉労働局発表の統計を見ても、事務的職業の求職者数は常に全体の約3分の1を占める数字となっています。(表を参照)
つまりは、希望される方がとても多く 「競争率が高い」ということになります。(ちなみに求人数自体は、他職種と比べて少ないわけではありません)

一方で、事務系職種の業務を行うにあたり、パソコン・・・特に、Microsoft Officeの操作スキルは、いまや「できて当たり前」という状態になっているのが現状です。
でも、『競争率が高い』中で、『できて当たり前』のスキルがあるだけでは、「他の人と横並び」の状態に過ぎません。

そこで必要になってくるのが、『他の人と横並び』の状態を打開する施策です!

まず、『できて当たり前』のMicrosoft Officeの操作スキルは、自信を持って「できます」と言えるくらいしっかり習得する。
その上で、『他の人と横並び』を脱するために、

需要の高いスキルを習得し企業に重宝される人材となること

Microsoft Officeソフト以外に、需要の高いデザインソフトの操作やWebサイト更新の知識を習得
詳細はこちら

「実務を遂行できる」と認識してもらうために、対応力・実践力がある状態となること

「ソフトを使える」「機能を知っている」ではなく、「即戦力で実務を遂行できる」実践力を強化
詳細はこちら

スキルだけでなく「あなた自身」を伝えるために、十分な就職活動準備をすること

パソコンスキルや経験以外で、どう考え行動する人物か伝わるアプローチ準備
詳細はこちら

に力を入れることを考え、訓練を設定しました。

とりわけ、「訓練で学んだ内容を実務で使える状態にする」ためには、授業と課題だけでは不十分と考え、当校独自の授業形式(平成30年1月現在)も取り入れています。

実際の業務で発生することが予想される資料作成や作業を時間・効率も考え行う実習
「学校」よりも「職場」に近い状態を可能な限り盛り込んだ環境で「業務を遂行」する演習

これらを展開するため、事務系の職業訓練では長めとなる「6ヶ月の訓練」を設けています。

特に未経験であったりパソコン初心者であったりすると、「事務のイメージがわかない」「本当に仕事としてできるまで身につけられるか心配」と不安に感じることが様々ある方も少なくありません。

より希望の叶う就職決定はもちろんですが、少しでもそういった不安を軽減して、
より円滑に・より重宝される人材として、入社後の就業に取り組んで頂けるよう、
6ヶ月の「訓練」を活用していただければ幸いです。

訓練実施機関 株式会社トゥルーステージ
Copyright(c) 2017 TS Academy. All Rights Reserved.