Office3種・デザイン・Webの実践力を習得!即戦力としての就職を継続支援

電話:047-411-5880

受付時間: 平日 9:00 - 18:00

実践的な授業形式

TSアカデミーでは、「○○でないとできない」で訓練を終わりにしません!
「授業と同じ手順でないとできない」「同じバージョンのソフトでないとできない」「細かい指示がないとできない」・・・など、「○○でないと」の状態では、十分なスキル習得とは言えないと考えています。
就職した後、実際の仕事で使えることを大前提にした、授業形式業で行っています。

part1授業 まずは、授業で機能や操作の確認

講師の説明を聞きながら、一緒にやってみましょう
機能や操作の手順を確認しながら一つ一つ進みます
授業は最新版の2016で機能を紹介しますが、職場が以前のバージョンの場合だったときの別方法や、実務での考え方なども一緒に案内します

授業中の様子

Part2課題 習った機能や操作を課題で実践

完成データを見ながら、どこに設定をかけたら同じ状態になるのか考えて、実際に作成してみます
1回でできなくても大丈夫。分からないことや、上手くいかなかったら、一人で悩みすぎずに講師に声をかけてくださいね

課題のイメージ

Part3資料作成 実務でよく出てくる資料を作成

完成図や元データと、細かい指示を受けて、資料を作成します。決められた時間中はまず自分なりにやってみて、その後に解説を聞く、という流れ。作成する上でのマナー・考え方・取り掛かり方・効率化の方法などを案内します。
実際の資料作成を通して
時間内に仕上げるためにはどうゆう順番で取り掛かろう?
指示を反映するためには何の設定を使ったらいいかな?
など、仕事で行うときと同じように考えて取り掛かります

資料作成のイメージ

Part4実務演習 実際の仕事のつもりで「業務」を遂行

ざっくりの指示を口頭で受けて、業務を遂行します。必要な情報の確認や分からないこと、どこまで進んだかの状況は上司(=講師)に報告・連絡・相談しましょう。実務にあるように、一度にいくつかの業務指示があったり複数人での作業が発生したりもします。
自分のすべきことや〆切を管理して、期限に間に合うよう、求められていることを反映して作業を進める・・・ という、パソコン操作単体ではなく、実務に近い「業務」として行います。
訓練で学んだことを実務で活かすための練習、そして訓練内容の復習の機会としても活用できます。

個人作業とグループワークの様子
訓練実施機関 株式会社トゥルーステージ
Copyright(c) 2017 TS Academy. All Rights Reserved.